栄養不足で悩んでいる方向け解決サイト

main_top_over_navi

栄養不足がまねく影響や病気は、多岐にわたる

栄養不足が招く影響や病気というのは、あながち一つの病気や病状とは限らないようです。その実態を検証していくことにしましょう。

肥満を中心とした生活習慣病、最悪の場合は死も

生活習慣が悪い男性

現代における栄養不足は、栄養の偏りといっても過言ではありません。栄養素は、その働きにより、体のエネルギーになるもの、エネルギーになるもの、作るもの、調子をととのえるものがあります。

日本伝統の和食は、幸いな事に、このバランスがよくとれて地消地産を心がけていたので、毎日とれる食べ物の栄養素が壊れるのが最低限で済んだのです。

しかし、現代の食生活は、欧米化し、食の表面上の楽しみを優先したことにより、エネルギーになるものと、作るものの栄養素だけが重視され、体の調子をととのえる栄養素は阻害されてしまう形になりました。

三つの栄養バランスをバランスよくとらなくては意味がありません。しかも三番目の体内の調子を整える栄養素は、その半分は体内で作ることが出来ないのに対し、エネルギーとなるものや、つくるものは貯蔵が可能です。

これにより、肥満、高血圧、脳梗塞、尿管結石、動脈硬化などの生活習慣病やメタボリックシンドロームといった病がひきこされるようになりました。

お子様で気をつけて頂きたい点は、偏食です。

野菜が嫌いで、炭酸飲料やスポーツドリンクを毎日ガブのみし、スナック菓子を食べてスマホにかじりついている運動不足の生活をしていると、細胞内のカリウム濃度が下がり、低カリウム血症となります。最悪の場合は心配停止で死に至る病です。

薬剤の副作用が影響でおこる栄養不足の影響とは

その一方で、食欲が減退する、低栄養が招く栄養不足も存在します。これは薬剤の副作用による影響です。

薬

最近では、持病の薬が食欲を減退させる事で、低栄養となり、栄養不足になる、高齢者がいます。

利尿剤が配合されている高血圧の薬や、強心剤、一部の抗ガン剤などです。これは副作用に胃腸障害があり、吐き気をもよおす為、食欲そのものが減退し、結果として栄養のある食べ物を食べづらくなってしまうからです。

栄養価が高いといわれるものの中には、時として、胃腸の状態がよくないと食べれられないものがあります。これは体が栄養素を吸収できる状態ではないという事です。

高血圧や、腎臓病を治すために、食事療法を取りれて居る方もいらっしゃるかもしれませんが、その一方で、薬の副作用で食欲がわかず、低栄養となる方もいるということです。

いかがでしたでしょうか。

現代の栄養不足の背景は、昔の様に、食べ物がないという訳ではないのです。矛盾が招く栄養不足が健康を脅かし、ひいては生活習慣病を引き起こす事もありえます。

沢山食べているのに、栄養不足という矛盾した食生活は、昔では考えられなかった生活習慣病を招きます。

こうした生活習慣病を改善しようと薬を長期間服用することで、副作用として食欲がなくなり、食事で栄養が取れなくなった結果、栄養不足になるという悪循環も起こるのです。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 栄養不足になると?症状や対策法を知る All Rights Reserved.